徹之進51 ワンタクロース発進!

d0122652_231229100.jpg
d0122652_23124558.jpg
d0122652_2313062.jpg
d0122652_23132137.jpg
d0122652_23133722.jpg
d0122652_23135060.jpg

えー。クリスマスのネタです。
ちょうど、一年前に、「朝日小学生新聞」に掲載されました。

たしかこれは、カミサンが最初にネームを切ったんです。
前回で、徹之進とジョンが友達になったので、
ルミちゃんとレイカちゃんの間柄も、もっと良くして、終わらせたい・・・
みたいな意図があって、オオスジを決めたんです。

できあがったネームを、僕が見たら、
「ちょっと、イイ話すぎて、パンチに欠ける。もう少しギャグを入れたら?」
という感じでした。
で、こんな感じでどうだ? で、クツシタのギャグとかを書きました。

「クリスマスの臭いクツシタ」とかいうのは、もう定番ですね。
10年くらい前まで11年間もやってた
「小学四年生」の読者ページで、ほとんど毎年、やってたようなギャグです。
まあ、でも、とにかく、こういうのはウケるんですよ。子供には。

でも、カミサンはなんか不服みたいだった。
で、結局、「美しい話」と「お笑い入り」と二通りの漫画ができて、
めんどくさくなったので、ウィーヴの石川さんに
「好きな方選んでくれ」と任せた。
そしたら、僕が後半をやった「お笑い入り」になりました。

クリスマスのお話で、気をつけなければいけないのは、
「サンタの扱い」で、まだ小さい子供の夢を壊すようなことをしては
いけません。せっかく盛り上がった「聖夜の清らかな気分」をぶっこわす
ようなマネだけは御法度。特に、「朝小」のような
対象年齢に幅のある媒体では、「サンタの実在うんぬん」というのは
細心の注意をはらわないといけない。

実は、過去に何度か失敗して、
お母様がたに注意されたことがあるのです。で、もう、こりた。反省した。
そういう経験も、この漫画にはキッチリ、生かされています。

まあ、たったの6ページで、クリスマス気分も盛り上げて、
ギャグもやって、キャラの仲も良くして終わらせてるんですから、
「充分」なんじゃないでしょうか。

と、いうわけで、
メリークリスマス!

次回はいよいよ、最終回。
地球が絶対絶命のピンチに陥ります。
で、それを徹之進が救う!
たったの6ページで、スペクタクルなスペーシーアクション!
すべての伏線が、最終回に結実し、オールスターが登場します!

ご期待ください!
(まあ、そんなオオゲサなもんじゃないけど)
[PR]
# by tetsu2259 | 2007-12-21 23:14 | 51 クリスマス