<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

徹之進52 オナラが世界を救う!

d0122652_15473553.jpg
d0122652_15475247.jpg
d0122652_15487100.jpg
d0122652_15482194.jpg
d0122652_15483557.jpg
d0122652_15491167.jpg

さて、いよいよ最終回です。

アニメのほうは、最終回にむけて、
犬楽園と、悪の犬帝国「白金族」のバトルが盛り上がり、
最終決戦に至るという、ハードな展開をしてたのですが、
まんがのほうは、「のんきなまんま」で、いつもと変わりなく
続いて来たので、
最終回の6ページだけで、「ああ最終回だな」と
思わせなくてはいけません。

いつもと同じ「のんきな展開」でやっておいて、
「ところで、今回で終わりだよ。またね〜」とかいう、
ブツッと、印象をちょんぎって、突然終わるというのも
チラッと考えたのですが、そういうことをやると、
小さな子供ほど「ヒドイ!」とか言って、怒ったり、泣いたりしますので、
あんまり「子供向け漫画」ではやりたくない。

やはり「最終回らしい最終回」がいいなあ。
・・・つうことで、思い出したのが「白黒アニメ版鉄腕アトム」の最終回。
太陽かなんかが暴走して、地球がピンチになり、
アトムが、爆弾かなんかかかえて、太陽に突っ込んで行く
「自己犠牲」の話。
そういえば、「自己犠牲」というのは、いかにも「最終回らしい終わり方」。
あれにするか・・・。

そういえば、ブルース・ウィリスのアルマゲドンも
なんかそう言う話だったなあ。
地球に彗星が落っこちて来て、それの親玉みたいなデカイやつに
世界一の土方のおじさんが、爆弾しかけに行く話。
あれがいいかなあ・・・・

くらいに思ってたら、
アニメ版徹之進の最終話間近にも、おなじようなアルマゲドン話が。

それだと、白金族の人工衛星を、巨大ロボでぶっ壊しに行くんだけど、
失敗して、リニアと、イワンが死んじゃう。
で、「敵討だ!」と、話が盛り上がるんですが・・・

あれを、徹之進を主役にやれば、最終回にふさわしい話になるなあ。
・・・つうことで考えました。
アルマゲドンですね。

もうひとつ、この漫画にはネタもとがあります。
「徹之進はオナラがすごい」というのは、まんが版のみの設定でした。

「ブ〜とオナラして、敵役がクラクラばったり」というのは、
短いページ数で、あっさりケリをつけるのに便利だからということで、
第二回の「徹之進が犬型ロボット2000GTに襲われる話」で
カミさんがひねり出したネタなんですが、
これが「便利」なため、何回も繰り返し使って、
いつのまにか「漫画の徹之進はオナラが武器」になっちゃいます。

これが、下ネタ嫌いな読者には嫌だったみたいで
ネットなんかでも「下品だ」とか「アニメと同じにしてほしい」とか
オタクな方々中心に叩かれたんですが、
子供というのは、もともと下ネタ好き。
こないだまで、いわゆる「肛門期」だったような低学年ほど
下ネタが好きなんですね。
だから、子供の読者のはウケたんです。
ただ、やりすぎると、お母様がたに叱られるので、
「笑って済ませてもらえる程度」に押さえないとダメなんですが。
そこらへんには、キビシイ朝小チェックもあって、
なんとか、そのまま「オナラネタ」は続いてきたんですね。

まあ、オナラというのは、昔は、漫画によく出て来ました。
ゲゲゲの鬼太郎のネズミ男とか、同じ水木しげるの「河童の三平」、
川崎のぼるの「どうどう野郎」とか「いなかっぺ大将」などなど。

でも、アニメの世界では、かなり前から御法度だったようです。
ごはん食べてる時に「ブ〜〜〜!」とかテレビでやられたら、
嫌ですから、スポンサーが許さないんですね。
そういうことから、漫画の世界でも、
「アニメになったとき、困るだろ」とか「PTAがうるさいんだよ」という
ことで、ここ20年くらいのうちに
「オナラはやめてね」みたいなことになったんです。

でも、この「漫画版 徹之進」では、あえて、それを復活させました。
カラーですから、オナラというのも「黄色い気体」で表現できますし、
見るからに「くだらない」「ばかばかしい」と感じさせることができ、
「目くじら立てるようなもんじゃないだろ」と、見えるところが
良い方に作用して、「なんとか許された」ような感じでした。

実際、「犬のおなら」というのじは、結構強烈で、
臭いですからね。座敷犬なんか、匂いが部屋にこもりますから、
たまらない感じはあります。徹之進の製作中、我が家でも
フレンチブルドッグを飼いまして、これのオナラが臭いのなんのって・・・。
ま、そういうリアルな体験もあるんですが。

そういうことがあって、
「最終回はオナラネタにしたいなあ」というのが、前からあったんですね。

で、「もうひとつの元ネタ」の話なんですが、
ちょうど、この最終回を考えてるころ、
たまたまブックオフで「サンダーパンツ」という
イギリス映画のDVDを見つけました。

ハリポタの主人公の友達をやってる子役が、天才博士で、
オナラばかりしてるデブのグズな友達のオナラを科学的に活用して、
空を飛ばしたり、ロケットの燃料にする・・・という
子供映画。実にくだらない。でも、ちゃんとお金かけた立派な映画でした。

本当に、たまたま見つけて、買っただけで、
それを見て、「ああ、これでいいや。これでみんなつながるわ」と
いうことになった。

アルマゲドンと鉄腕アトムとサンダーパンツですね。あと、アニメ版徹之進。
なんか、いろいろ考えてたものが、ここで
みんなつながった。

だからウソみたいに、簡単に書けました。この最終回のお話は。

地球のピンチ!
登場人物全員のピンチ。さあ、どうなるか?
・・・ということで、これまでの登場人物も、全員出せます。
もちろん、徹之進の活躍は「ルミちゃんのため。みんなのため」

巨大彗星に飛び込むのは、鉄腕アトムみたいな手足をもつ、テツ2000GT。
このロボットは、姿は変わってますが、第二回から出ているレギュラーメカ。

運転するのは、犬楽園のメンバー。全員が活躍します。
そして、ポチも重要な役。
もちろん徹之進が一番活躍して、徹之進のとっさの機転で、
「徹之進ならでは」のウルトラCで、地球が救われる!

いろんなネタもとから、イタダイてきてはいますが、
ウソみたいに「よく出来た6ページ」。
これぞ、「我ながら満点の最終回」。

「オナラが世界を救う」・・・まさに「へーわ」。
下ネタだと、オタクなお兄さんお姉さんに、クソミソに叩かれてましたが
「どうだ! 見ろ! この最終回のために、オナラネタは
すべて伏線になっていたのだ。実は深い考えがあったのだよ。うはははは」
とか、彼らにいいたくなるような、
「すべてが収斂したようなオチ!」

まあ、自画自賛も、ほどほどにしないと、馬鹿なので、もうやめますが、
とにかく、この最終回は「自信作」!
漫画とは、こういうものだ!

・・・とにかく、これで、いちおう終わりです。
みなさん、ありがとうございました!

また、なんかオマケに更新することもあると思いますが、
とりあえずは、年内はこれまで!

みなさん、よいお年を!
d0122652_15493021.jpg

[PR]
by tetsu2259 | 2007-12-29 15:50 | 52 アルマゲドン

徹之進51 ワンタクロース発進!

d0122652_231229100.jpg
d0122652_23124558.jpg
d0122652_2313062.jpg
d0122652_23132137.jpg
d0122652_23133722.jpg
d0122652_23135060.jpg

えー。クリスマスのネタです。
ちょうど、一年前に、「朝日小学生新聞」に掲載されました。

たしかこれは、カミサンが最初にネームを切ったんです。
前回で、徹之進とジョンが友達になったので、
ルミちゃんとレイカちゃんの間柄も、もっと良くして、終わらせたい・・・
みたいな意図があって、オオスジを決めたんです。

できあがったネームを、僕が見たら、
「ちょっと、イイ話すぎて、パンチに欠ける。もう少しギャグを入れたら?」
という感じでした。
で、こんな感じでどうだ? で、クツシタのギャグとかを書きました。

「クリスマスの臭いクツシタ」とかいうのは、もう定番ですね。
10年くらい前まで11年間もやってた
「小学四年生」の読者ページで、ほとんど毎年、やってたようなギャグです。
まあ、でも、とにかく、こういうのはウケるんですよ。子供には。

でも、カミサンはなんか不服みたいだった。
で、結局、「美しい話」と「お笑い入り」と二通りの漫画ができて、
めんどくさくなったので、ウィーヴの石川さんに
「好きな方選んでくれ」と任せた。
そしたら、僕が後半をやった「お笑い入り」になりました。

クリスマスのお話で、気をつけなければいけないのは、
「サンタの扱い」で、まだ小さい子供の夢を壊すようなことをしては
いけません。せっかく盛り上がった「聖夜の清らかな気分」をぶっこわす
ようなマネだけは御法度。特に、「朝小」のような
対象年齢に幅のある媒体では、「サンタの実在うんぬん」というのは
細心の注意をはらわないといけない。

実は、過去に何度か失敗して、
お母様がたに注意されたことがあるのです。で、もう、こりた。反省した。
そういう経験も、この漫画にはキッチリ、生かされています。

まあ、たったの6ページで、クリスマス気分も盛り上げて、
ギャグもやって、キャラの仲も良くして終わらせてるんですから、
「充分」なんじゃないでしょうか。

と、いうわけで、
メリークリスマス!

次回はいよいよ、最終回。
地球が絶対絶命のピンチに陥ります。
で、それを徹之進が救う!
たったの6ページで、スペクタクルなスペーシーアクション!
すべての伏線が、最終回に結実し、オールスターが登場します!

ご期待ください!
(まあ、そんなオオゲサなもんじゃないけど)
[PR]
by tetsu2259 | 2007-12-21 23:14 | 51 クリスマス

徹之進50 仲間はずれはイケナイ!

d0122652_14504174.jpg
d0122652_14505541.jpg
d0122652_14511027.jpg
d0122652_14513252.jpg
d0122652_14514554.jpg
d0122652_1452338.jpg

さて、50回目。
この回も、カミサンがネームを切りました。
ギャグ場面は、ほとんどなくて、
純然とした子供向けストーリー漫画になってますね。

イジワル犬、ミニチュア・ダックスのジョンは
「外の世界」の犬で、「犬楽園」のことは知らないんです。

アニメ版だと、「ジョンのダイエットの話」が中盤にあって、
その時、徹之進がジョンを犬楽園に連れて来たりして、
そこで、ジョンに犬楽園のことはバレています。

また、ショコラちゃんも、徹之進が犬楽園に連れて来たりしてる。
「犬楽園の秘密をばらすと、猿にされるぞ!」という
セトさまの「魔法しばり」は、結構イイカゲンにズブズブになってます。

でも、漫画版だと、「犬楽園の話は、犬楽園」
「外のヒルズ周辺の話は、外の話」と、わけたままですので、
ジョンは、ここへ来ても、「犬楽園」のことは知らないままなんです。

で、しかも、漫画版37話の「ワニ釣り」のあたりから、
ジョンは、徹之進の仇役から、イジワルな友達「スネ夫」的な存在に
シフトしちゃった。

僕なんかの好みだと、
「敵役は敵役のまま、いつも悪事企んで、墓穴ほって、チャンチャン」
なんです。で、ドタバタのギャグが面白ければ、それでいい・・・
あとは、なんかオマケつけとけ・・・みたいな感じ。
「子供受けするドタバタ」が最優先なんです。
いわゆる「赤塚不二夫アプローチ」。
中味のテーマは、実は「二の次」なんです。

いっぽうで、
「子供漫画は、子供に良いお話であるべきだ」という、
寺田ヒロオ先生チックというか、児童文学的なアプローチをするのが、
ウチのカミサン(富士山みえる)の特徴なんですね。

だから、カミサンがネーム切ると、いつもそういう
「子供向けストーリー漫画」になる。
この話なんか、まさにそうでしょうね。

「仲間はずれはよくない」なんて大人は、簡単に言うけれど、
「仲間はずれの原因を作ってるのが、そう言ってる大人だろ」
という、教育委員会とかPTA、教師たちがやりそうな、
ありがちな失敗を、子供の側から訴えてるんですね。
見かけ以上に、重いテーマなんです。

そんなふうに見えないかもしれませんが。

だから、パッと見て「笑えるところがないなあ」とは思ったんですが、
こういう漫画は、ある特定の境遇の子供には
かけがえのないものかもしれない。
とにかく「つまらない仲間はずれ」で、寂しい思いをしている子供も
多いんだし。
それに、「ジョンがんばれ」「ジョン、かわいそう」なんてハガキも
少しだけれど、ないわけじゃない。
「なかよくさせてやってよ」という子供もいるみたいだ。
どうせ、もう終わりだし。
徹之進とか犬楽園の仲間と仲良くさせてやるのも、いいかもしれないね。

そんなふうな話で、そのままで行くことになりました。
良かったんじゃないかと思います。
d0122652_1511562.jpg

この回が、新聞に載ったときは、ひさびさに
「徹之進関連グッズの広告」が、漫画の下に復活しました。
ウィーブが出版した「エラゴン」というファンタジー小説の
映画の公開が、このころで、その関連の広告が、何回か、続いたんですが、
そのスミッコに復活しました。
たぶん、クリスマス商戦で、すこしでも在庫を売りたい・・・という目論み
だったのでしょうね。売れたのかなあ? 何も話は聞いていません。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-12-05 14:57 | 50 新しい仲間