<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

徹之進45  犬楽園、保育園になる!

d0122652_13294318.jpg
d0122652_1330058.jpg
d0122652_13301520.jpg
d0122652_13303195.jpg
d0122652_13304541.jpg
d0122652_13324234.jpg

子犬って、本当にかわいい。
そのかわいさは独特ですね。
いろんな犬種で、それぞれに子犬はかわいい。

犬楽園の仲間には、
シベリアンハスキーとかパピヨン、プードル、アイリッシュ・セッター、豆柴と
いろいろいるんですが、それの子犬時代はどんなんだったんだろう?
そういうかわいい子犬をたくさん出せば、
読者の子供たちは喜んでくれるんでありますまいか?

と、同時に、
兄弟の弟、姉妹の妹とか、年下の子供は
「あ〜あ。僕が兄ちゃんだったらなあ」とか
必ず思うもの。
そこらへんの「子供らしい想い」を漫画に生かしたら
面白いんじゃないか・・・

と、いうことで、カミサンが考えたのが、この回。
ただ、ギャグの展開部がイマイチ、インパクトあるアイデアに欠け、
僕がネームの段階で「子犬だから、あちこちにオシッコして、大騒ぎになる」とか
「ミルクほしさに徹之進のオッパイに飛びついて、徹之進のオッパイが
ひっぱられて、おばあさんのオッパイみたいにビロビロになる」とか
ギャグを付け加えたのですが、「朝小チェック」で、みんなボツになりました。
まあ、しょうがないような気もしますね。
かわいく、きれいにまとめたほうが、こういうネタの時はいいのかも・・・
そんなような気もしますし。

現代の子どもむけアニメ/漫画は、
ポケモンの馬鹿当たり以降、
「カワイイもの至上主義」が徹底し、
なんでもかんでもカワイイほうがよろしい。
カワイクないものは、すべて悪である・・・と、いうことになってます。

それは、それでいいんじゃないの? みんなが望んでることだし・・・
と、思うのですが、
「カワイイ」を優先すると
「やれるギャグ」がすごく「限定」されます。

ギャグとかお笑いには、本質的に、
「差別」「グロ」「権力批判」「アナーキズム」「スカトロ」
「くいものを祖末にする」「暴力」「理不尽」「意味不明」「不条理」とかいう
「毒のある要素」が山ほどあって、
ギャグ=毒が80%+それ以外20%
と、いう感じなんですね。

「カワイイキャラが、こんなあくどいギャグはやらない」
「カワイイキャラが、あくどいギャグで被害をうけるなんて可哀想」
と、いうわけで、
カワイイキャラが増えれば増えるほど
「ドジ」「コケ」「勘違い」「忘れんぼ」「いつのまにか寝てる」とか
そういう「天然系」しか、やりようがなくなっていくんです。

そういうのも、上手にやれば、おかしいんですが、
そんなギャグばっかりになると、見る方も飽きて来ちゃいます。
子供向けの漫画やアニメが
「カワイイもののインフレ」で、窒息していくんですね。

スポンサーとか、版元は、
カワイイもののキャラクタービジネスで儲かればいいだけなので
「キャラクターイメージを壊すな!」の一点張り。
カワイイ中毒のオタクは「もっとカワイクしろ!」の一点張り。

で、片方で「つまらない!」「みんな同じだ」とか言ってる。
そんなの、はじめからそうなるって、決まってるようなもんで・・・。
まあ、それでも、「天才」はなんとかしちゃうんですが、
凡百の人間にはなあ・・・・・。

おっと、いけない。また、グチってしまいました。
まあ、とにかく
「カワイイ」と「子供受けするギャグ」との、ちょうどいい「落としどころ」が
大切で、そこを見極めて、帳尻合わせるのが、
僕らの「お仕事」なわけなんですね。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-09-16 13:33 | 45 赤ちゃん犬

徹之進44 怪獣セトさま出現!

d0122652_2372566.jpg
d0122652_2374256.jpg
d0122652_2375995.jpg
d0122652_2381541.jpg
d0122652_2382994.jpg
d0122652_2384634.jpg

「逆さ絵」というのがありますね。
怖い顔のおじさんの顔の絵を、逆さにしたら、笑い顔のおじいさんの顔に変身!
とか、いうやつ。

あれを、アイデアとして使って、なんとか漫画にならないかな・・・と
考えたのが、この回。

なにか「仕掛け」がイッパツあって、そのネタのために
全体が機能している「シカケ漫画」ですね。
こういうのは、「小学○年生」の別冊まんが付録とかに
昔、よくあったパターンなんです。
たいてい、パズル作家がネタだし手伝ってる。

迷路とか、山折り谷折りで何か別のものが出てくるとか、
光にかざして、すかして見ると、隠れたお化けの正体が見えるよ・・・とか。
ああいう「オマケマンガ」で、なにかやりたいな・・・
でも、新聞に載る時は、6ページぶんまとめて、一面に載るし、
やれること少ないなあ・・・つうことで、思いついたのが「逆さ絵」。

なかなか面白くできた。子供はこういうの好きだし、ウケるだろう・・・
と、思っていましたが、カミサンが印刷されたを見て、
「セトさまが怪獣に変身した」ように見えるのでは?
とか、言い出しました。

ううむ。なるほど。ボーッと見てると、そういうふうにカンチガイするかも。
いっそのこと「セトさまが怪獣に変身して、逆さになって、ほがらかになる」
という話にしたほうが、より、わかりやすかったかなあ?
ちょっと、後になって、反省した漫画ですね。

あと、こういうネタは、2次元の「まんが」でしか出来ない。
アニメにしちゃうと、面白くもなんともない・・・というか、
アニメにふさわしくないネタですね。

アニメにふさわしいネタを漫画でやると、作りにくいし、
ページ数もかかるし、たとえ、頑張って、良く出来ても、
普通の読者にはウケません。
漫画でしかできないことをネタにしたほうがトクなんです。

で、子供漫画として、ちゃんと面白くできていて、
この漫画を読んだ小学生が、「アニメも見てみたくなった。見よう!」と
なるようにするのが、この漫画版の役割なんですね。

アニメのコミカライズの仕事をやって、
「漫画ならではのアレンジ」「新解釈」をやると
「アニメと違うじゃないか! けしからん!」とか言う
熱心なアニメマニア(だいたい中学、高校生くらい)が、必ず出てくるんですが、
「アニメと漫画はもともと全然違うもの」なので、
比較して「違う! イメージ壊れた」とかいうのは、
対応に困りますね。
なるべく「イメージ壊さないように」努力はしてても、
「漫画ならでは」という部分もないと、ちゃんと6ページに面白くまとまらないので。

「電車と自転車をそっくりにしろ!」とか言われても
「似たような色を塗っておきますが、同じにはならないと思いますよ」と
答えるしかないもんなあ。似てるところもあるけど、全然違うモノだもんなあ。

でも、電車になるべく似るよう・・・・・自転車を改造して、
そっくりにしようと頑張る漫画家さんもいますね。
それも、立派に仕事してると思いますが、
「そっくりになっても、それは自転車として走らないだろ。
サイクリング楽しめねえじゃん」とか言いたくなることもあります。

ま、実際のところ、
何十ページも使えるのなら、そっくりに書いて、それなりに面白い
というふうにも、出来ないわけじゃないんですが。
そういうのは、あんまり、面白いやりかたじゃないですね。
「動かないし、声も音楽も出ない漫画」は、同じことやってたら、
アニメより「かなり落ちる」ものになると思います。

アニメで育っちゃったような、若い世代ほど、
「アニメも漫画も同じ」くらいにカンチガイしてますが、
「電車と自転車」くらいには違うと思いますよ。
「漫画世代のオッサン」としては、言っておきたいんですが。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-09-13 23:09 | 44 逆さ絵

徹之進43 メグちゃんのダイエット大作戦

d0122652_15275246.jpg
d0122652_1528720.jpg
d0122652_15282180.jpg
d0122652_15283743.jpg
d0122652_15285235.jpg
d0122652_15291359.jpg

この回は、僕がラフ切りました。

パピヨンのメグちゃんを主役に「入門シリーズ」をやろうと考えてて、
メグちゃんの得意なことは・・・「オシャレ」ですから、
徹之進がオカマみたいになる・・・とか、考えたんですが、
徹之進には、「オカマのゲイリーさんが苦手」という設定があり、
オカマが苦手なのに、オカマみたいになるというのは、
やりようによっては、面白いけど、どうなんだろなあ。う〜ん。
・・・つうことになって、「入門シリーズ」はやめて、
徹之進が、メグちゃんのダイエット入門につきあう・・・・
今で言うと、徹之進がビリー軍曹になって、ベースキャンプやるという
展開にしました。

徹之進のアニメでも、ダイエットのネタはすでに放送されていて、
その時は、ミニチュア・.ダックスフントのジョンがデブになってて、
それを痩せさせるというものでした。
でも、ダイエットネタは、やっぱり「カワイイ子が突然デブに」じゃないと、
つまんないですよね。

で、まあ、あとは、お約束のギャグですね。
自分の好きなギャグを、順次、やりました。引き出しギャグですいません。
でも、面白いと思いますよ。こういうの。やっぱりね。
ちゃんと「良い形で絵になってれば」ちゃんと笑えますね。
テックス・アヴェリーとか、ルーニーチューン系のギャグですね。
大好きなんだ、こういうの。

原作者ってことになってる、石川裕人くんも、こういうのが好きで、
ことあるごとに「そこで、踏みつぶされて、ペラペラに・・・」とか
提案してくるんですね。
「石川くん、なにかっていうと、ペチャンコ、ペラペラだなあ」
つうくらいに、そういうのが好きなんですね。彼は。
だから、この漫画で、念願の「ペチャンコ、ペラペラ」が出て来て
嬉しかったんじゃないですかね。
実際どうだったのか、よく知らないんですが。

それから、こういうネタは、恋愛感情とか、それにちかいモノを
織り込んだほうが面白いので、
ハスキーのイワンを、「メグちゃんに片思い」ということで
出してあります。「透明人間の話」のつづきですね。

アニメのほうでは、イワンは、あまりにも馬鹿すぎて、
メス犬の誰にも相手にされない可哀想なことになってますが。
メグちゃんのほうも、アニメの最終回では「実は徹之進が好きだった」とか
思い切り意外な告白をしちゃったりして、
そこらへん、全然、漫画とアニメじゃ違うんですが。
アニメのファンのひと、許してくださいね。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-09-02 15:29 | 43 ダイエット