カテゴリ:29 マジンガーZ( 1 )

徹之進29 2000GTバージョンアップ!

d0122652_10384747.jpg
d0122652_1039820.jpg
d0122652_10392318.jpg
d0122652_1039469.jpg
d0122652_104036.jpg
d0122652_10401868.jpg
d0122652_10403234.jpg

これは、「夢楽園/入門シリーズ」の一環なんですね。
徹之進とポチが、おとなの犬の特技に挑戦して、
それを教えてもらう・・・というパターンのアレです。

最初は、14話の「ハンゾウの忍者教室」。
で、次が16話の「イワンのボディビル講座」。
そのつぎに、「ハカセの発明入門」をやろうと考えてて、
発明品でドタバタをやるのが面白くなり、
いつの間にか、尻切れトンボになったんですが、
仕切り直しで「入門シリーズ」をやろうと。

で、リニアというアイリッシュ・セッターなんですが。
こいつは、スピード狂の名ドライバー。
乗り物なら、なんでもござれ・・・という設定。
だから、車の運転を教える・・・ってことになりますね。
でも、子供に車の運転を教える・・・つうのは、たとえ犬の世界でも
ピンとこない。
子供のほうにしたら、「自動車をおとなみたいに運転してみたいなあ」
って、思うだろうけど。「じゃ、運転してみる?」と、おとなが言うのは変だ。
すると、子供がこっそり、無免許運転するという展開は・・・?

でも、「車の運転」ということにすると、生々しいなあ。
朝小にボツをくらいかねない。「マネしたら、どうする!」とか、言われそうだ。

じゃあ、ロボットに乗るというのはどうだろ?
アニメ版のマジンガーZの初回で、
兜甲児が、はじめてマジンガーの乗り込み、うまく運転できずに、
回転しちゃったり、ものをぶっこわしたり、走り出して止まらなくなる・・・
つうのが、あったけど、あれをやったら、面白いんじゃないか?

と、いうことで、作ったのが、このお話。
リニアというのは、徹之進に対して、あんまり親切じゃない犬ですから、
そこらへんは一工夫しました。
だから、一見「入門シリーズ」には、全然見えないんですが、
もともとは、入門シリーズなワケです。

で、ロボドッグ2000GTが暴走して、無茶苦茶な動きをする・・・
というところが、このお話の呼び物なんですが、
そこらは、ページ数の関係で、アッサリやらざるをえない。
ちょっと、もったいないですね。
暴走して、女湯に飛び込むとか、洗濯物に突っ込んで
変な格好になるとか、「お約束ギャグ」をやりたかったなあ。

ロボドッグ2000GTは、例によって、僕が書いてます。
カミサンが「あんたが書かないとやだ。この話、ボツ」とか言うので、しかたなく。
あんまり、俺も、機械書くの得意じゃないんだけどなあ。

ま、細かいところはデタラメなんですけどね!
鉄人28号とか、マジンガー世代なので、
そういう、細部はデタラメなロボットなら、なんとかなります。
ガンダム以降の、ウソが極端に減った、リアルなロボットは苦手・・・
というか、今の若い人は「なんで、あんなの書けるんだろ?」とか思いますね。

ロボドッグが「シェ〜! 」をやったり、「死刑!」をやったりするのは、
自分の好みのお遊びなんですが、
朝小読者の親も、だいたい「そう言う世代」だろうから、
親にウケるんじゃないか?・・・という、あざとい企みですね。
ウケたのか、どうか、全然わかんないんですけど。

ロボットに電源はいると、ファイティングポーズとって、全身に電撃!
「ガオ〜〜〜〜!」とかいうのも、鉄人28号と、マジンガーZへの
愛を告白してるんですね。誰も気づかないかもしれないけど。

まあ、そんな感じです。
オチで、2000GTに、徹之進型の頭部がついてしまうんですが、
この話は、まだ当分、ひっぱるんです。
この漫画を書いた時には、全然、そんなつもりはなかったんですが、
ネタにつまって、出てきます。
覚えておいてください。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-05-27 10:44 | 29 マジンガーZ