カテゴリ:23 虹( 1 )

徹之進23 愛の戦機レインボーガン

d0122652_22425635.jpg
d0122652_22431166.jpg
d0122652_22432411.jpg
d0122652_22442455.jpg
d0122652_22443886.jpg
d0122652_22445036.jpg
d0122652_2245359.jpg

これは、この漫画を書いたちょっと前に、
別件の仕事で「虹のCG」を書いたんですね。

「虹」って、美しいモノなんですが、
アナログの、手書き時代には、
どうにもこうにも美しくは書けませんでした。
特に、カラーインクなんかじゃ、絶対に綺麗にはかけなかった。
色と色が、境界線のところで、重なって、汚くなるし、
綺麗に、同心円状に並べて書くのも至難の業。

でも、CGなら、たいした手間なく、綺麗に書けます。
これは、虹をフォトショップで作ってみて、本当に、そう思いました。

で、「この、せっかく作った虹のCGを、もっと活用できないか?」
つうことで、考えたのが、この話。
おりしも、ちょうど、梅雨時だったので、ちょうどいい。
と、いうことで、メルヘンで、少々乙女チックですが、
これは僕が考えたネームです。
世間様から「下品な漫画家」だと、レッテル貼られている、この僕が。

話のスジは、いわずもがな、「花咲かじじい」など、
イジワルジイサンの出てくる昔話ですね。
子供が、安心して楽しめる、強い構造のお話。
うまくアイデアを織り込むことができれば、「必ずウケる」たぐいのアラスジです。
ドラえもんなどは、この系統のスジが「名物」みたいになってますね。

はじめ、虹が出るスプレーとかを考えていたのですが、
それだと、イマイチ面白みに欠けるので、
ぶっそうなマシンガンから、虹を出すことにしました。
本当なら、朝小あたりには、ふさわしくない、ぶっそうなカタチのものから、
心安らぐ、美しい虹が、メルヘンチックに出るところが、面白いわけです。
で、その名もレインボーガン。川内康範先生原作のヒーロー番組の駄洒落です。
読者の子供には、わからないけど、もしかしたら、その親は
ニヤリとしてくれるかも・・・というクスグリ。

オチの、レイカちゃんが、七色のペンキでドボドボ・・・と、いうのも、
カラー4色の漫画でしかできない、
「見た目オチ」なので、気に入ってます。

この回は、「4色の漫画にふさわしいネタで、4色にふさわしいオチができた」
ということで、非常に気に入ってます。
色は、僕がCG着色しました。僕の色の好みが全開してます。

まあ、カミサンが、キャラの絵をかわいく書いてくれたから、
うまく行ったんですけど。そこらへんは、さすがです。文句ない。

この回も、キレイに決まった傑作だな。
また、自画自賛・・・。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-05-14 22:45 | 23 虹