カテゴリ:22 ジャングルジム( 1 )

徹之進22 ジョンの「ひとを呪わば穴ふたつ」

d0122652_0325478.jpg
d0122652_033810.jpg
d0122652_0333675.jpg
d0122652_0335383.jpg
d0122652_034765.jpg
d0122652_0342114.jpg
d0122652_0343513.jpg

前回で、「オナラはしばらく休み」と、いうことに決めたので、
この回は、慎重に時間をかけて考えました。

「徹之進憎し!」のジョンの話にしよう・・・と、決めて、
いろいろ考えていて、
「ジョンが徹之進とすりかわる話」はどうか?
と、思いつきました。
ヒーローものに、必ず一回はある「ニセなんとかマン」というお話。

で、そのセンで話はできたのですが、
「ジョンが、不本意ながら、徹之進そっくりになってしまうネタ」も
面白いのではないか・・・と、思いつきました。
両方やるなら、「不本意ながら、徹之進そっくり」が先だろう・・・
と、いうことで、こっちをやることにしました。

「不本意ながら徹之進そっくりになるジョン」というネタを決めておいて、
「どうしたら、そっくりになってしまうのか?」と、考える。
で、
「徹之進そっくりになることで、ジョンがかえって、ヒドい目にあったほうが、おかしいだろ」
つうことで、導入と、サゲが決まる。

つうような感じで、この回は「帰納法」で話を作りました。
かなり、「ストーリー漫画より」の、「ちゃんとしたギャグ漫画」ですね。
なんというか、藤子・F・不二雄先生のギャグ漫画のような感じかな。
ちょっと暴力性が前面に出てるけど、話の構造は、ああいう系統ですね。
カチッとした、わりと、出来の良い漫画だと思います。
我ながら「たいしたもんだ」と、思える出来。単なるドタバタじゃないところが高等です。
自画自賛もいいところだけど、誰も褒めないから、自分で褒めておきます。
面白い! 大傑作!

オチのところで、コブにペンキがかかって、ゴーグルに見えるというのは、
ラフの段階で、ウィーヴの石川さんが提案してきたアイデア。
たいへん面白いので、即座に採用。相当に無理矢理なギャグだが、
そこが、ものすごくおかしい。優秀なギャグである。
たまに、石川さんも、切れ味するどいギャグをかましてくるので、
なかなか油断がならない。さすが、原案者・・・と、いったところ。

「ワイルドドッグス」というのは、漫画オリジナルのキャラ。
野良犬愚連隊。チーマーですね。
わかりやすい乱暴者の悪役が欲しいなあ・・・つーことで作ったキャラ。
この後も、何回か、出てきます。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-05-13 00:37 | 22 ジャングルジム