カテゴリ:08 猿( 1 )

徹之進08 てつ&ポチ猿になる!

d0122652_11371445.jpg
d0122652_11373583.jpg
d0122652_11381156.jpg
d0122652_11382764.jpg
d0122652_11384054.jpg
d0122652_11385528.jpg
d0122652_11391052.jpg

「犬楽園の秘密を、外部のモノにばらすと、魔法で猿にされる」
という設定がアニメにあって、「犬と猿は犬猿の仲だから」つーこと
なんでしょうが・・・・・あんまり面白くない。

僕にはピンと来ませんでした。
だいたい、「犬猿の仲」なんていうのは、人間の作り話だし、
そんな故事めいた話、現代の子供(視聴者、読者)に通じないのでは?
「猿にされるなんて嫌だあ」という、徹之進たちの気持ちが、
読者の子供たちにわかりにくいから、どうやっても、うまくいかないのでは?
と、僕は思いました。

だから、漫画のほうでは、
そんな「犬が猿にされる」とかいうネタは、
知らん顔して、スルーしておけ・・・ギャグでなんとなくごまかしておけば?
(ネタは思いつかないけど)と、カミサンにアドバイスしたのですが、
彼女は、責任感のつよい、真面目なタイプですので、
「外部の、飼い犬であるポチが、徹之進と、一緒に犬楽園に行くには、
『猿の問題』をクリアしなければ! 第一話で、ちゃんと提示してあるんだし!」
とか、真面目に考えて、こういうお話を作りました。

でも、なかなかうまくいかないんですよ。
ちょっと『面白くしにくいネタ』を、選んじゃうと、たったの6ページしかないから、
とりかえしがつかないというか、『面白い』って、とこまでなかなかいかない。

なんというか、ナベで料理つくっている場合は、そこに「まずい青汁を一さじ」入れても、
あとの材料とか、味付けがよければ、おいしくもなるんですが、
カップラーメンに「まずい青汁を一さじ」入れると、取り返しがつかなくなる・・・
比喩が適切かどうか、イマイチわかんないんですが、
まあ、そんな感じで、
6ページくらいの短編だと、「変なモノ」使っちゃうと、あとが大変なんです。

だから・・・カミサンは、相当、苦心して、自分で何度もネームなおしていました。
で、絵を描く時間も少なくなっちゃって、かなりピンチなことになった。

ですので、ロボドック2000GTも、全体の絵が書いていなかったり、
犬楽園の風景も「ひいた絵」で、ほとんど出てきていませんね。
普段なら、そういう「わかりやすくするための絵」は、絶対に頑張って描く人なんですが、
この回は、かなり、ごまかして描いてある。ピンチの証拠です。
僕も、この回は、全然手伝わなかったしなあ。

・・・でも、まあ、これでポチも犬楽園の仲間になったわけです。

アニメのほうでも「ポチが犬楽園の仲間になるときの、『猿問題』どうすんの?」
という問題はあったわけですが、
アニメでは
犬楽園のボス、セトさまは、芸能好きの、美人好き。
だから、ポチの飼い主が、美人女優だと知ると、「飼い主さんのサイン貰ってきたら
猿にするのはやめちゃうよ♡」とかいう、
しょうもなくて、でも面白い解決法で、サラリとかわしていました。ははは。

でも、同じことを「朝小」の6ページでやっても、
どうなんだろうなあ・・・と、思いますね。ちょっと複雑な話になるし。
目の前にいない人間のことでギャグ作るのは、ちょっと大人風ですね。
小さな子供は、「目の前」のことしか理解しないし、
「ひと目見て、わかるもの」に反応する。これが基本ですから。

セトさまのキャラも、漫画のほうでは、この段階では、まだ確立していないし。
アニメだと、さんざん「美人とか若い姉ちゃんに弱いスケベじじい」って
描いていますから、「美人のサイン」が解決法になるんだろうけど。

最後のオチの「犬に着せる猿の着ぐるみ」っていうのは、
本当に、売っているらしいですね。何考えてんだろ?
犬にそんなの着せる飼い主の気持ち、理解できまへん。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-04-29 11:42 | 08 猿