徹之進40 ショコラちゃん、千代大海になる!

d0122652_14452177.jpg
d0122652_14453664.jpg
d0122652_14455036.jpg
d0122652_1446661.jpg
d0122652_14461912.jpg
d0122652_14465250.jpg
d0122652_1447669.jpg

え〜。この回はですね、たしか、僕(大橋よしひこ)がネーム切りました。

なんだっけかな。
ショコラちゃんと徹之進の間柄のネタでなんかやろう・・・と考えてたんですね。
アニメ版のショコラちゃんと、漫画版のショコラちゃんでは
もう、「全然別人」みたいになっちゃってて・・・。

アニメ版の設定ですと、
「実はショコラちゃんは、悪者が犬楽園のヒミツを伺おうという狙いで
潜入させたスパイ」で、徹之進をたらし込み、情報をいろいろ
悪者側に伝えたり、こっそりテロ活動してたりなんかして、
相当、ハードなことになってます。
最終回近辺では、徹之進の純粋な愛にうたれて、
自分を反省し、悪を裏切るのですが、代わりに悪者に殺されちゃったりなんかして、
日曜の朝に、子供がノンビリ気分で見ていると
トラウマになりそうな「トンデモ展開」も出て来ます。
シリーズ構成していた監督さんの好みらしいんですが。

漫画版では、全然、そういうのをやる気はなくて、
最初から最後まで「のんきな犬漫画」でいこうということになってました。
書き手側の腹づもりでは。

で、たしか、アニメ版のハードな展開に対抗・・・というか、反逆して、
できるだけ、馬鹿馬鹿しくて、おかしくて、それでいて
生き生きしたような展開が書きたくて考えたんです。

もう、よく覚えていないんですが、
いま、ちょっと思い出したんですが・・・。
最初は、ショコラちゃんが鼻を蜂にさされるとか
そういう話をカミサンが考えてて、
「そんなの、やるんなら、もっと派手にやらないと笑えないだろ!」とか
言ったら、「じゃあ、あんたが書いて」とか言われて、
蜂の話を、どんどんふくらませて・・・。なんかそんなんでした。
「ショコラちゃんは相撲マニアで、突っ張りが得意で、その威力は
千代大海の10倍」とかいう、漫画版のヨタ設定をからめて
書いたんですね。

かわいい女の子が、意に反して、どんどん不細工になるというのは、
わりと古典的なギャグで、それを慰めようとして
ますます状況がドツボになるというのも、まあ、よくある展開です。
僕は、子供の頃、こういう海外アニメばっかり見てました。
まあ、それが「相撲」というか「千代大海」に絡むところが、
書いてる自分でも驚くくらい、斬新なところなんですが、
まあ、それも、「たまたま」ですね。

オチで、「本物の千代大海関が出てくる」というのも、
かなり斬新なのですが、これもネタにつまって出て来たヤケクソですね。

映画にも、パロディだと思って見てたら、最後に
元ネタの本物が出てくる・・・というのは、マレにあります。
最近だと、「マカロニウェスタン 800発の銃弾」という素晴らしい超名作の
オチに「本物のクリント・イーストウッド」が出て来て、
度肝を抜くというのがありました。(まあ、あれは後ろ姿だけなんですが)

というわけで、
本物の千代大海関が出て来て、オチです。
朝小から「肖像権」とかで、なんか言われるかと思いましたが
なにもありませんでした。笑ってただけです。
まあ、千代大海関を悪く書いたりしていませんし、むしろ「心優しいひと」に
書いてますから、気にする事はないような気もしますね。

この漫画を書いてすぐに、ナントカ場所があったのかな。
そのときは、千代大海関、絶好調で勝ちまくりました。
たまたまなんでしょうが、なんか不思議な感じがしました。

千代大海関、もう、すごいベテランですが、
まだまだ頑張ってもらいたいです。
こんな漫画、書いてて、とても他人のような気がしません。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-07-30 14:48 | 40 千代大海


<< 徹之進41 ポチ&鉄の磁石騒動 徹之進39 徹&ポチの透明犬騒動 >>