徹之進36 誕生! テツ2000GT

d0122652_2305382.jpg
d0122652_2311430.jpg
d0122652_2323123.jpg
d0122652_2324614.jpg
d0122652_233278.jpg
d0122652_2331617.jpg

え〜。「古きを訪ねて新しきを知る」が座右の銘の
レトロ漫画家「大橋よしひこ」です。
しばらく更新せず、すみませんでした。

え〜。今回は、ロボット犬のお話ですね。

アニメ版徹之進の32話に「てつのしんロボット犬と友達になる」というのが
ありまして、これがけっこう泣けるイイ話になっていて、
アニメファンの評価も高かったんです。

で、「ロボット犬の話をやろう」と思いました。
でも、6ページで「イイ話」なんて、なかなか難しい。
情緒を盛り上げるのには、「間」が大切なんですが、
その「間」を盛り込むユトリがない。
というか、アニメと似た話やっちゃうと、絶対アレにはかなわないので、
比較されてバチかぶることになるかもしらん。
同じ土俵にあがらないほうがよい。

じゃあ、やっぱりギャグになるなあ・・・つうことで
思い出したのが、自分が過去に書いた漫画「ピカットくん」の一編。
http://uorya0hashi.web.infoseek.co.jp/manga/pika/pika06_01.html

ああ、あのネタの焼き直しでいいや。
あれのドタバタを強化すればいいんだ。

そこで、ふと、思い出したのが
ロボドッグ2000GT。
ハカセが発明し、リニアが運転する、犬楽園の巨大犬ロボット。
漫画版第1話から登場してます。
で、漫画版29話で、てつ&ポチに頭部を破壊され、
かわりに「徹之進型の首」を、とりあえず移植された・・・アレ。

アレを、かわいらしくして、巨大さはそのまんま、
頭の中味は子犬と同じ・・・ということにしたら・・・
図体がでかいぶんだけ、笑えるんじゃないか?

と、いうことで考えたのが、このお話。
バカ犬にふりまわされて散々な目にあう・・・という古典的なギャグを
スケールアップしてやってみました。
あとは、子犬独特の愛らしさを、ちゃんと表現する・・・ここがミソ。

犠牲者は、犬楽園の名ドライバー、イングリッシュ・セッターのリニアですな。
で、ロボット犬とソリが合わず、対立する。
ところが、事件が起こって、仲直り。仲良くなりました。
ケンカしてたのに、なんかが起こって、仲良くなる。めでたしめでたし・・・
という「子供漫画の王道」ですな。
後味がいいので、いつの時代も、人気があるスジのひとつ。

僕が、はじめに書いたラフだと、
怒り狂ったリニアが、2000GTにダイナマイトしかけるため、
工事現場に入って行って、発破に巻き込まれるとかいう
「ちょっとややこしい展開」だったので、
そこはカミさんになおされました。
でも、こっちのほうが、わかりやすくていいと思いますよ。

このお話で、禍々しいデザインだったロボドッグ2000GTは
鉄腕アトムに出てくるロボットふうのシンプルなデザインの「テツ2000GT」として
生まれ変わりました。

ロボドッグ2000GTは僕がデザインして、
さほどメカメカしいわけでもなかったんですが、
カミサンにとっては、書くのが難しかったらしく、
なにかというと、僕が書いていたんですが、
テツ2000GTはカミサンのデザインなので、
もう僕も、ロボドッグから解放されたわけです。
ああ、よかった。

でも、このあと、テツ2000GTは、最終回まで出て来ません。
残念ながら。
[PR]
by tetsu2259 | 2007-06-20 23:04 | 36 ロボドッグ


<< 徹之進37 じごくのそうべえ(... 徹之進35 スーパーワンvs.... >>